Shopify

Shopifyアプリでできること

Shopifyの3種類のアプリShopifyには主に三つの種類のアプリが存在します。弊社の目的は、パブリックアプリを開発することなので、それについて調査します。プライベートアプリ (Private Apps):これらは特定のShopifyストアに対してのみ利用可能で、主にそのストアのカスタマイズされたニーズに応じて開発されます。APIキーを通じてShopify APIにアクセスし、ストア固有のデータを操作します。Shopify App Storeを通じては公開されません。パブリックアプリ (Public Apps):これらはShopify App Storeを通じて広く一般のShopifyストアオーナーに公開され、インストールが可能です。認証はOAuthを使用し、広範囲のAPIアクセス権限を持ちます。セキュリティとユーザーエクスペリエンスの厳しい審査を受ける必要があります。カスタムアプリ (Custom Apps):特定のクライアントやビジネスニーズに合わせて開発され、一つまたは数個の特

Shopify

Shopifyのパートナーに登録し、アプリを開発する

はじめにShopifyアプリの開発手順を調査しますパートナー登録https://www.shopify.com/jp/partners主な目的は何ですか?Building new Shopify stores for clientsクライアントに変わってストアを作る場合https://help.shopify.com/ja/partners/building-stores-for-merchantsBuilding apps for the Shopify app store(★これを選択する)Shopifyのアプリを開発する場合https://help.shopify.com/en/partners/making-appsProviding services to existing Shopify merchants既存のストアにサービスを提供する場合Building custom apps for individual clients個別のクライアントのためのカスタムアプリの開発Building t

Shopify

Shopifyに独自サブドメインとSSLを設定する

はじめに既存の独自ドメイン"example.com"のサブドメイン"shop.example.com"に接続します。ドメインはお名前.comで購入しました。AWSのRoute53に"example.com"のホストゾーンがすでにあります。サブドメインのSSLはサクラインターネットで購入しました。<結局、買う必要がなかった!!>既存ドメインの接続Settings > Domainsを選択するConnect existing domainボタンを押すドメインを入力するAWS Route53の設定Route53のexample.comのホストゾーン内にshop.example.comのAレコードを作成し、値は23.227.38.65に設定します。SSLSSLは、shopifyが無料で自動で提供する。最初Pendingと表示されるが、Needs attentionに変わる。ブラウザで、証明書のエラーはでなくなる。

Shopify

ShopifyとPowerful Contact Form Builderで問診票を実現

はじめに評価の高い、Powerfull Contact Form Builderアプリを試す実現したいこと登録未済の訪問客にも最初に問診して、予約する際にユーザー登録と同時に登録したい登録済みユーザーの再訪時には、毎回聴く項目だけを聞いて、更新したいインストールPowerful Contact Form BuilderのインストールShopifyのAppsを選択検索ボックスで「Powerful Contact Form Builder」を検索以下の画面が開くので、Installボタンを押す以下の画面のInstallボタンを押すプランの選択Premiumを試すApproveを押すFormの追加Create formを押すテンプレートの選択Survey form 7を選択する以下がサンプルとして作成されるPublishするPublishボ

Shopify

ShopifyとPageFlyでランディングページをデザイン

はじめにPageFlyでランディングページをつくる各デバイスでの設定の仕方について理解するテンプレートの選択Type is Landing page、Industry is Health & beautyでフィルターし、テンプレート名「Halo」を選択するデバイスタイプとサイズの確認確認用Sectionの作成PageFlyのデフォルトのレスポンシブ設定がどうなっているか理解するために、デバイスごとにセクションを追加し、背景画像を変えて、ブラウザでの表示を確認するAll devicesを選択Hide on desktop だけfalse、他はtrueLaptopsを選択Hide on Laptop だけfalse、他はtrueTabletを選択Hide on Tablet だけfalse、他はtrueMobileを選択Hide on Mobile だけfalse、他はtrueブラウザでのサイズ

Shopify 未分類

ShopifyとPageFlyでランディングページ作成の基本

はじめにShopifyのアプリPageFlyを使用してランディングページを作成するまでの手順を紹介しますテンプレートをもとにページのデザインの変更は別のページで説明しますPageFlyでランディングページを作成する手順の紹介https://www.youtube.com/watch?v=o6QGUaDDPBE手順1: Shopifyにログインし、PageFlyをインストール「Apps」セクションに移動し、「PageFly」と検索します。検索結果からPageFlyを見つけたら、それをクリックしてShopifyアプリストアからアプリを追加します。PageFlyをインストールし、インストールが完了すると自動的にPageFlyのインターフェイスに移動します。手順2: ページの作成PageFlyインターフェイスで「Pages」にアクセスします。「空白のページを作成する」か「テンプレートから作成する」を選びます。初心者の方は、テンプレートから選ぶことを推奨します。

Shopify

ShopifyとSesamiで予約機能を実現

はじめにサービスを受ける時間を予約する機能が簡単につくれるものを探していて、Shopify+Sesamiでできるという記事をいくつかみかけたので、ためしてみることにしました。Product側ではDurationというのでサービス時間の長さを設定し、SesamiのService側ではメンバーとProductを関連付けて担当者にし、担当者の有効なスケジュールを登録することで、スケジュールを押さえるという、手順でした。ShopifyとSesamiで簡単に実現できました!Sesamiの設定手順https://www.youtube.com/watch?v=zuF0OsK8OuwSesameアプリの追加:Shopifyアプリストアで「sesame」と検索します。「アプリを追加」ボタンをクリックします。アプリのインストール:次の画面で「Sesame」をインストールします。Shopifyテーマへの組み込み:新しいShopifyテーマ(OS 2.0)を使用している場合、「オンラインストア」→「テーマ

Lang »